個の力、この力、この地から。

外国人社員採用コンサルティング

 

人材不足の経営課題を外国人社員を雇用することで解決できるかもしれません。

 

しかし、外国人を正規従業員として雇用するためにはぜひ知っておきたいポイントがいくつか存在します。

 

その一つが、受入先企業と、採用予定外国人との在留資格のマッチングです。

 

日本の入国管理政策は移民政策を採っていない以上、日本で働くには原則として「就労ビザ」(在留資格)を取得する必要があるのです。

 

初めて日本に入国する外国人の場合、すでに日本企業で働いている外国人の場合、日本の大学等を卒業した外国人留学生を雇用する場合、それぞれにおいて手続きが全く異なる点が外国人社員雇用の難しさです。

日本人社員を雇用する際では一般的な、”その人の人柄を見込んで採用する”といったものでは、いざ内定を出したとしても、目的にかなった就労ビザの取得が出来ない可能性もあるのです。

 

 

合同会社コノチカラでは、代表社員である行政書士阿部隆昭の知見を活かした実戦的な外国人社員雇用コンサルティングを提供できるのが強み。

就労ビザへの変更等が必要な場合にも、コンサルティング結果を踏まえて、そのまま行政書士阿部総合事務所が入国管理局への就労ビザ申請を取り次ぐことが出来ますので受入先企業様が入国管理局に足を運ぶ必要がないのも弊社が選ばれる強みです。

 

 

外国人社員雇用コンサルティングサービスのご依頼の流れ

 

 

 

ご依頼はこちら TEL 050-3638-0876 午前9時から午後8時

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 合同会社コノチカラ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.