合同会社コノチカラ

ワンランク上の外国人雇用支援サービス

ビザ申請の取り下げについて|合同会社コノチカラ

約 2 分

申請行為である以上、申請人の意思によって申請行為を取り下げることが出来るのは当然でしょう。

様々な事情があるにしろ、ビザ申請には十分な配慮が必要になります。

例えば。

就労ビザ申請の場合、ビザ申請の取り下げと簡単には言いますが、それは企業に就職することを”やっぱりやーめた”という決断をすることと同じ意味です。

ほとんどの外国人にはこの点の意識が希薄です。

申請人自身が依頼者の場合にはなんの問題もありませんが、受け入れ企業としてはビザ申請報酬に止まらない採用コストを投入しています。

そういった事情も考えずにするビザ申請の取り下げは身勝手な判断とされる場合が多い。

ビザ申請の取り下げをするのは原則申請人の意思の自由。

なのですが、受け入れ企業には相応の確認なり、承認は得ておくべきだと考えます。

 

事業者側の視点にたてば、外国人個有の事業に基づく取り下げの場合には、よくよく外国人本人にヒアリングすることが大切です。

その申請人の仲間など周囲を取り巻く”智慧者”に誤った知識を植えつけられていることも多いからです。

外国人雇用問題解決コンサルタント行政書士阿部隆昭