コノチカラ

名刺交換した相手に勝手にメルマガ送っていいの?|合同会社コノチカラ

交流会などで名刺交換した相手からある日突然メルマガが届いたこと、ありますよね?

メルマガなんて登録した覚えはないのにどうして?!

と思うかもしれません。

 

創業塾の講師をしているとよく聞かれる質問でもあります。

 

名刺交換しただけなのに勝手にメルマガを送ってしまって良いのでしょうか?

 

 

私の答えはこうです。

原則NG

例外OK

 

 

心象としてどうでしょうか?

ある日突然メルマガが届きました。

アレ?!と思いませんか?

名刺交換のとき、”メルマガ送ってください”なんて言ったかな?!

と。

 

関係性が構築されていないときに相手方に疑問符が浮かぶことはしないほうがいいです。

 

”メルマガぐらいはいいのでは?!”という専門家もいらっしゃるようですが、私は”原則やめておいたほうがいい”と説明しています。

 

 

どのような原則にも例外がありまして。

 

名刺交換した相手にメルマガを送りたい。

メルマガの送信相手を探すために名刺交換をしている。

 

という場合には、こうした方がいいです。

 

名刺交換のときに、

「メルマガ送ってもいいですか?」

と、確認し、

名刺交換相手のYESを取っておいてくださいね。

 

その日、もしくは翌日までにメルマガを送れば大抵覚えておいてくれています。

なので相手の心象は害しません。

 

例外の二つ目として。

相手との関係性が出来ている場合。

以前から顔見知りであり、メール等でも何通かやり取りした方がいらっしゃいまして。

私が主催しているビジネス交流会に参加してくださいました。

その後にメルマガが届いたときは正直嬉しかった。

なるほどなるほど!

今はこういった取り組みをされているんだな!

と色々わかることがありました。

 

 

 

名刺交換した相手にメルマガを送っても問題ない例外を二つ挙げました。

 

これらの例外2パターンをせず、でも、メルマガを送ってしまう場合には最悪これだけはしておいた方がいい。

 

メルマガ購読解除を簡単すぎるほど簡単に。

 

”ボタンワンクリックでいつでも解除できる”

 

これが理想。

 

”このメールに返信してください”

 

これは解除しにくい。

解除したことが相手にバレてしまうのではないか?!

と心配になって解除できません。

 

不要なメルマガを迷惑メール設定し、受信通知がなされないようにしてもサーバーを圧迫してしまうので解除した方がいいのです。

セキュリティー的にもメールアドレスの情報は徒に渡さないほうが懸命。

 

名刺交換の際に、メルマガ送信の承諾さえ頂いておけばなんてことないんですけどね。

合同会社コノチカラ代表社員阿部隆昭