外国人雇用コンサルティング

過去最多の在留資格取消件数、国籍別第一位は?|合同会社コノチカラ

法務省が2018年9月18日に公表した資料によると、在留資格取消件数は、前年比31%増で過去最多となった。

在留資格取消とは、日本に在留している資格に基づかない活動をしているなどの場合に意見聴取手続きなどを経た上でその在留資格を取り消すことができる制度です。

http://www.moj.go.jp/content/001241968.pdf

資格別では「留学」がもっとも多く、日本人の配偶者等、技術・人文知識・国際業務が続いています。

国籍別ではベトナムが第一位

第二位の中国に2倍以上の差をつけています。