創業支援

松田聖子「9万円」ライブに学ぶ価格設定の技術|合同会社コノチカラ

松田聖子、ライブ料金「9万円」にファンからも悲鳴…ネット上で議論呼ぶ

本当に「ファン」から悲鳴が上がっているのでしょうか?

「悲鳴」って具体的にどのようなものだろう?

 

9万円ライブよりも、このニュースの作り方が気になります。

合同会社コノチカラ代表社員行政書士阿部隆昭です。

 

 

人気歌手のライブ料金の9万円が高いのか安いのか妥当なのか。

といったことですよね。

 

歌手側としては様々な事情を斟酌して価格を設定するでしょう。

 

対して、私たちは、その価格をすでに頭にある情報の中から比較検討します。

 

高いのか安いのか妥当なのか。

 

 

そもそも「比較」ということ自体、比べる何かがないことには比べることが出来ません。

 

価格についても同じです。

 

高いのか、安いのか、妥当なのか。

 

人は必ず頭の中で比べています。

 

ライブによく行かれる方は、いつも行くライブの金額と「比較」するでしょう。

ライブに行かない方は、なんとなく知っている一般的なコンサート代金、例えば6000円、8000円、1万円かなと。

 

それに比べると、随分と高いわねえ、となる。

 

だけれども、高いか安いか妥当なのかは行ってみなければわからない。

 

エンターテイメント系の値付けはそう。

 

 

松田聖子9万円ライブの、後の感想はきっとこんな風になるだろう。

 

 

「9万円の価値があった」

「高いと思ったけれども行ってよかった」

 

 

価値を提供する側は、全力で価値を創り出し、それを伝えようとするはず。

 

価値を創り出すのも難しいし、それを伝えるのはもっと難しい。

 

だけれども、9万円という価格設定でプロモーションする以上は相応の価値を提供してくれるのでしょう。

 

人生で最高の体験、ーもしもコレがそうだとしたらー、その金額が9万円は出したいのか出したくないのか、という問題です。

 

一般的に妥当なのか?

ということではなく、

 

 

あなたは9万円支払って体験したいのですか?

と問われているだけのこと。

 

 

価格設定の仕方としては全然普通ですよ。

勝算あってのことでしょう。

このようにメディアに取り上げてもらえること込みで。

そのおかげで松田聖子ファンではない私でも、なるほどこんなことがあるのか!と知ることが出来た。

 

 

ちょうど今、創業塾で講師登壇しているところ。

価格設定の方法も先日受講生の皆さんと一緒に考えた。

 

次回の創業塾でもこのニュースを取り上げて参考にしてもらおうと思っています。

楽しみですね。

 

 

合同会社コノチカラ代表社員行政書士阿部隆昭