外国人雇用コンサルティング

「高度外国人(高度人材)の配偶者が日本で働くためにはどうしたらいいのでしょうか?」|合同会社コノチカラ

弊社は大手企業の外国人雇用問題解決コンサルタントとして活動しています。

 

外国人雇用にまつわるあれこれについてのコンサルティング。

 

合同会社コノチカラの代表社員は東京入国管理局申請取次行政書士ですが、弊社のコンサルティングは単に”ビザ申請をして終わり”というものではありません。

 

ビザ申請だけに止まらないのが外国人雇用問題解決コンサルティングです。

 

 

つい最近のことですが、クライアント企業に勤める外国人(高度専門職)の方からこのような質問をいただきました。

 

「私(高度人材)の妻が日本で働くにはどうしたら良いのでしょうか?」

 

特に守秘義務にも反することなく、ごくごく一般的な質問ですのでこの場でも書いてみましょう。

 

 

高度人材の奥さん(配偶者)が日本で働くためには次の三つの方法があります。

 

 

高度人材の配偶者が日本で働く方法1

「家族滞在ビザ」を取得する方法

高度専門職外国人の扶養を受ける配偶者として、家族滞在ビザを取得する方法があります。

ただし、家族滞在ビザだけでは日本で働くことができません。

その場合でも、「資格外活動許可」を受ければ、その範囲で就労することが認められています。

 

 

高度人材の配偶者が日本で働く方法2

「特定活動ビザ」を取得する方法

高度専門職外国人に対する優遇措置の一つとして、特定活動ビザを取得した外国人については、一定の要件を満たしたうえで「研究」「教育」「技術・人文知識・国際業務」「興行」の就労を認めることとしています。

 

 

高度人材の配偶者が日本で働く方法3

「就労ビザ」を取得する方法

高度専門職外国人の配偶者としての地位を利用するのではなく、一般的な外国人と同様に、就労ビザを取得してその範囲で働くことができます。