外国人雇用コンサルティング

外国人雇用が進まないのは、外国人に対する理解が足りないから?!|合同会社コノチカラ

IT企業経営者と面談する際に、外国人IT技術者の雇用について検討したことがあるかを確認することがあります。

データを取っているわけではありませんが、検討さえしたことがない企業がほとんど。

 

これほどIT技術者が不足している時代なのに。

 

一方、日本に在留し、エンジニアとして就職希望の学生は多く存在します。

 

外国人雇用が進まないのは、外国人に対する理解が足りないから。

とは良く聞かれますが、果たしてそうでしょうか?

 

 

企業支援の現場からは、理解が足りない、というよりも、そもそも遡上に乗っていない実情を感じます。

 

検討したけれど理解出来ないところがあり、外国人エンジニアの採用には至らなかった。

 

のではなく、日本人エンジニアが採用できないのであれば、採用せずに他の方法を考える。

 

他の方法とは、例えば、アウトソーシングなどがそれに当たります。

 

エンジニア業界に限らず、知っている人は知っているけれども、知らない人は全く知らない、そもそも知ろうと思わないのが外国人雇用の現実です。

 

 

外国人を雇用するということは、日本人と違うこともありますが、同じこともあります。

 

日本人と違うのは、労働期間の実質的な制限がある点。

 

日本人雇用と同じように期限の定めをなし、として雇用しても、在留資格(ビザ)の期間制限には服さなければなりません。

就労系のビザですと最大で5年間。

最大で、です。

 

だいたい3年や1年が一般的。

 

ビザの問題として1年や3年しか勤務できないということはどういうことか?

 

日本人社員のように、中長期の研修プログラムを組んでの人材育成が計画的に出来ないということ。

 

育てても、ビザの更新が出来なければ退職せざるを得なくなります。

 

外国人雇用が難しいとされるのはその点。

 

 

なので、当社で雇用しなくても良い、「派遣」として外国人が雇用されるケースが増えているのです。

 

 

外国人雇用問題解決コンサルタント

合同会社コノチカラ代表社員行政書士阿部隆昭