外国人雇用コンサルティング

調理師の呼び寄せをするには何年の実務経験が必要?。ただし国によっては?|合同会社コノチカラ

技能ビザでもっとも申請が多いのが調理師のビザ。

 

カレー料理専門店で外国人調理師がいない店はないのでは?

と思えるほど、どの店にはネパール人コックがいるものです。

 

インド料理のコック、タイ料理のコック、ベトナム料理のコック、いずれにしても日本に呼び寄せをするには本国でも「実務経験」が必要になります。

 

入管法上、上陸許可基準として、その技能についての実務経験があることが要求されます。

 

その実務経験は何年必要なのでしょうか?

 

外国料理の料理人(コック)としての呼び寄せは、10年以上の実務経験が必要です。

 

 

ただし、タイ料理に関する専門的な技能を要する活動に従事する者は、タイ料理人として5年以上の実務経験を要する、と規定されています。

 

 

ポイントは一律10年ではないという点。

 

 

入国管理局申請取次行政書士ではなく、”ビザに詳しい人”は一律10年、とざっくり思っている方も多いですが間違いです。

 

 

 

実務経験の年数がクリアしているとして、どのようにその経験を証明するのでしょうか?

 

料理人(コック)の実務経験の立証方法とは?

 

【身分証明書】

この実務経験の証明方法が現実問題として難航します。

 

ビザの申請書(在留資格認定証明書)には申請人(外国人料理人)の履歴書や職務経歴を証明する文書を添付する必要があります。

 

中国を除いて、東南アジア諸国では調理師の資格を証明する公的な証明書はほとんどありません。

 

大規模なホテルなどでは写真付きの身分証明書を発行しているところもありますので確認するようにしてください。

 

 

【在職証明書等】

在職証明書は職務経験を証明する文書として最も一般的なものとして弊社ではクライアント様にご案内しております。

大切なのは、勤務先の署名を書いてもらうこと。

在職証明書の内容としては、就職した年月日や職務上の地位、その調理師の得意な料理や推薦の言葉が書かれているのが一般的です。

 

【写真】

勤務先のホテルやレストランのメニューや営業許可証などのコピーもあるとより信憑性が高くなります。

 

 

調理師の呼び寄せについて不明の点がありましたら、東京入国管理局申請取次行政書士が代表社員である合同会社コノチカラにお問い合わせください。

 

外国人雇用問題解決コンサルタント

合同会社コノチカラ代表社員行政書士阿部隆昭