外国人雇用コンサルティング

外国人留学生が掛け持ちバイトをしている場合の一週間28時間の計算方法|合同会社コノチカラ

 

【外国人社員雇用Q&A】1週間28時間以内のアルバイトは一社ごとに計算するのですか?|行政書士阿部総合事務所

留学生の中には、複数の企業でアルバイトする例が珍しくないため、一社ごとに28時間を上限とするとかなりの時間をアルバイトに充てることが出来るはず。

しかし、留学生が保有しているビザは、「留学ビザ」といって日本の教育機関で教育を受けるために認められたものです。

生活費欲しさにアルバイトばかりをされてしまっては勉学が疎かになるのは自明の理でしょう。

だからこそ、1週間に28時間の上限を設けているとも言えるのです。

ということは答えも決まってきますよね。

 

外国人留学生がアルバイトを出来る時間は、二社以上で掛け持ちアルバイトをしていたとしても、全てのアルバイト先の合計時間で28時間を超えてしまっては不法就労となります。

このあたりの知識は、アルバイト先の事業所でも曖昧なまま済ませている例も多く、注意が必要です。

 

 上記は合同会社コノチカラ代表社員阿部隆昭が代表を務める行政書士阿部総合事務所の公式サイトにエントリーしたもの。
今だに、といいますか、当時よりも外国人の入国が増えている以上、留学生がアルバイトをする際の質問は増えるばかりですね。

外国人雇用問題解決コンサルティングを実施している合同会社コノチカラでは、外国人雇用に関連する様々な問題の解決に当たっています。
提携する社会保険労務士などの専門士業と連携してワンストップで解決できるのがクライアント企業のメリット。
スポットのコンサルティングやビザ申請書の作成だけでなく、月額報酬制での継続コンサルティングも承っています。
お問い合わせはこちらのフォームからお願いします。
合同会社コノチカラ代表社員阿部隆昭