コンサルティング

コンサルタントではなく、国家資格者のコンサルタントして誇りを持って仕事をしている|合同会社コノチカラ

コンサルタント

およそどの業種にもコンサルタントが存在するのではないか。

 

合同会社コノチカラ代表社員阿部隆昭も、コンサルタントの肩書きが複数ある。

行政書士として開業した当時から今でも使っている「解決支援コンサルタント」

 

解決支援コンサルタント、って何ですか?

と問われることも多かった。

 

「創業支援コンサルタント」と名乗ることもある。

公的機関の創業アドバイザー職でもあり、商工会議所主催の創業スクールの講師登壇経験も複数回あるから。

 

 

私は行政書士という国家資格者のバックボーンを常に意識しながらコンサルティングを行なっている。

 

単なるコンサルタント、と国家資格者のコンサルタントの何が違うのか?

 

一つは能力担保の存在。

 

もちろん、ある程度、という注釈が必要なことはわかっている。

 

しかし、コンサルティングを必要としている側の受け取り方は全く違う。

国家資格者、というだけで信頼される。

 

なぜか。

国家資格者だから。

 

コンサルティングサービスは、無形のサービスの中でも特に分かりにくい。

 

経営支援業務で事業者さんと面談したときに、コンサルタントを使ってみたけれど全く効果がなかった、という話を聞いたのは一度や二度ではない。

 

コンサルタントそのもの、コンサルタントの業務内容、が分かりにくいのだ。

 

コンサルタントとしてはそこを自覚してコンサルティングサービスを行う必要があるし、コンサルタントを利用する事業者さんは目の前のコンサルタントに「あなたは当社に何を与えてくれるのですか?」と聞けばいい。

 

「常に御社を、あなたを、見ていて適切なアドバイスをします」

なんて曖昧なことは言わないだろうか?

 

コンサルタントは本当に沢山いる。

 

この沢山いる、という事実さえ、見えなくなってしまう事業者さんも多い。

特にスモールビジネスにおいて。

 

合同会社コノチカラ代表社員阿部隆昭