合同会社コノチカラ

ワンランク上の外国人雇用支援サービス

この袖看板がお客様の目に留まるたった一つのワケ。プレゼン資料にも使える鉄板ノウハウ公開|合同会社コノチカラ

約 3 分

 

飲食店の看板

お店の建物にくっついている看板を袖看板と言ったりしますよね。

 

遠くからも見える、見せられるので袖看板の出来不出来がお客さんの入りを決めたりします。

 

イーゼル看板(A型看板)が好きなので、店舗の看板には自然と目が行きます。

 

先日もこの看板はいいなあと思ったので撮影してきました。

 

一目瞭然

 

魚が旨い店

 

すぐに頭に入ってきますね。

 

 

この秘密は何かと言うと、文字のフォント、大きさを変えているからなのです!

 

魚の旨い店

 

下の文字列のほうが読みやすいでしょう。

魚、旨、店

が目に飛び込んでくる!

 

それに比べて上の文字列は平板な印象です。

 

袖看板もイーゼル看板(A型看板)も通行人が目に留めてくれるのはたったの3秒!

読みやすい、分かりやすい、頭に入りやすい

 

そんな看板を作りたいですね。

合同会社コノチカラでは、飲食店開業支援の一環として実は看板の作り方のコンサルティングも行なっています。

ご相談ください。実績、実例に基づいて総合的にコンサルティングします。

 

 

さて、この看板で見ていただいた文字の並び方。

分かりやすかったですよね!

 

人に伝えたい、ものとしてプレゼン資料を作ることがありませんか?

 

このプレゼン資料でも使える鉄板のノウハウなのです。

ぜひ真似してみて下さい。

 

例えば、これは私、合同会社コノチカラ代表社員阿部隆昭のセミナースライド

 

「好きと経験を価値として伝える」

の部分で文字の大きさを調整しています。

 

読みやすいでしょう。

 

プレゼン資料やセミナー資料は読みやすさ、分かりやすさが勝負!

 

簡単で誰でもどこでも使える鉄板ノウハウなので、ぜひ使ってみて下さいね。

 

合同会社コノチカラ代表社員阿部隆昭