外国人雇用コンサルティング

短期滞在ビザで許可される率を高める方法のヒント|合同会社コノチカラ

現実問題として、短期滞在ビザで許可される率を高める方法はないでしょう。

審査の過程はブラックボックス。

 

指定された添付書類を作ってみたところで、この外国人の場合には簡単に許可されたのに、あの外国人の場合には許可されなかった、あるいは、許可されるまでに2ヶ月かかった。

といった声も聞きます。

 

何がそうさせているのか?

よく分りません。

 

ですが、短期滞在ビザで許可される率を高めたり、許可される日数を短くするヒントは見つけることが出来ます。

 

例えばですが、外務省が公開している短期滞在ビザ申請に添付する「招聘理由書」

 

なるほど!

ヒントが隠れている。

というか、出ていますね。

 

招聘目的や経緯の詳細について記入してください。記入しきれない時は別紙を作成してください。

 

簡単に書いてください、とは言っていないのですよね。

「詳細」に、と言っていますので、詳細に書きましょう。

 

記入欄が足りない時は、別紙に、ということは、別紙として「詳細」に書いてくださいと言っているようなもの。

 

三行程度の説明では足りません。

そういうことですね。

 

そうじゃないかもしれませんが、詳細に書く以上、三行では足りないのが普通でしょう。

招聘経緯書の記載内容を厚めに書くことで許可される率は高まるかもしれません。

 

解決支援コンサルタント野獣系行政書士阿部隆昭