小規模事業者持続化補助金

平成29年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」で今から準備すべきこと

まもなく公表されると予想されている平成29年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」

実はもう補助金獲得への戦いはスタートしています。

 

早い事業者は、公募要領が公開されたらいつでも準備OKというほど下準備に余念がありません。

 

といっても初めて持続化補助金に取り組む事業者には何から準備をしていいかもわからないでしょう。

 

今から出来る小規模事業者持続化補助金採択のために3つの準備

1、自社の事業コンセプトをまとめる。

2、自社の強み、弱みをまとめる。

3、現在の事業の課題をまとめる。

 

全て書面として残しておいてください。

頭の中でまとめたのではまとめたことにはなりません。

文字列として残すからこそ準備といえるのです。

補助金申請は全て書面のみでの審査で行われるのが原則です。

ヒアリングの機会はほぼないので、なぜ補助金が活用することで業績が向上するのかを審査担当者に納得させる必要があるのです。

それも文字で!

口頭の説明ではなく。

 

いずれ申請書には文字としてまとめることになるので今から準備しましょう。

比較的採択率の高い補助金ではありますが、丁寧に作り込まない限り不採択の可能性は高くなります。

 

上記の3つのポイントは、たとえ補助金助成金に応募せずとも事業の整理にとても役に立つものです。

活用してみてください。

 

合同会社コノチカラ代表社員阿部隆昭