好きを仕事に

「全然起業出来ないのです。。」そもそもあなたはジャージに着替えたのか?|合同会社コノチカラ

 

弊社オフィスの掃除をしようと思って、卓球用のジャージに着替えた。

がぜんやる気になった。

外見から入るって大事だ。

 

 

今までやったことがないスポーツを始めるとき。

ラケットを先に買ったり、ユニフォームをそろえたり、 と。

カタチから入ることが多いですよね。

 

で、大抵の場合、”カタチから入って笑”なんてバカにされたりもします。

 

ですが、スポーツに限らず何かを新しく始めるときにカタチから入るのは大切だなあと思う。

 

なぜかというと、簡単だから。

 

簡単に始めた気になれる。

 

この、”気になれる”というのが実は歯車を前に進ませるエンジン。

 

MONOPOLYをはじめ、経営に関するボードゲームは人気ですよね。

 

実際に経営をするわけではないけれど、その気にはなれる。

始めた気になれる、とても簡単に。

 

それをキッカケに経営に目覚めることがあるかもしれない。

 

しかし、カタチから入ることは簡単なだけに、辞めるのもとても簡単。

 

ラケットを買っただけでコートには一度も出ていない。

ユニフォームを揃えたけれども、家で試着しただけ。

 

辞めることが簡単だから、カタチから入ることはダメ、というわけではない。

そこはイコールではないはず。

 

なぜかというと、カタチから入ってそのまま続けることも辞めることも自由だから。

続けるのもひと、辞めるのもひと。

 

要するにそのひと次第。

 

だけれども、結果、辞めることとなったとしてもジャージに着替えれば歯車は確実に一つ回る

合同会社コノチカラ代表社員阿部隆昭